酵素って一体何?酵素の正体とダイエットとの関係

酵素ダイエットの酵素とは

酵素ダイエットは酵素を身体の中に取り入れることによって新陳代謝を活性化し、健康的に痩せられる方法です。この際に取り入れる酵素とは何なのでしょうか。酵素とは身体の中にあるタンパク質の中でも、ある物質を他の物質に変換する役割を果たしているものです。食べたものを消化したり、身体にとって必要なタンパク質や脂質などを合成したり、エネルギーを生み出したりする過程で重要な役割を果たしています。これを取り入れることがどうしてダイエットに役立つのでしょうか。

ダイエットで欠かせない基礎代謝の向上

ダイエットをする上ではエネルギーを十分に消費する必要があります。その目的で酵素が活躍してくれるというのが酵素ダイエットの基本的な考え方です。酵素を取り入れることによって口にしたものが消化されやすくなり、栄養の吸収が促進されると共に、身体にとっては消化酵素の合成が不要になります。すると取り入れたエネルギーを使う先が代謝に切り替わり、基礎代謝が向上すると期待できます。基礎代謝は一日のエネルギー消費量の大半を占めるものであり、その量を押し上げることでダイエット効果が発揮されるのです。

老廃物の排出によるデトックス

酵素がダイエット効果を発揮する理由はもう一つあります。身体の中で酵素によって担われている代謝活動には老廃物を排出しやすくする過程があり、代謝活動が活発になると老廃物の排出が促進されるのです。老廃物の蓄積は身体に水分の貯留を促し、身体がぶよぶよと太ってしまうことにつながります。酵素を取り入れることによって老廃物が減っていくと水分の貯留量も減って痩せることができるのです。このデトックス効果が酵素ダイエットの即効性を生み出すこともあります。

酵素ダイエットの進め方については、人気の高い健康商品のメリットやデメリットなどをうまく比較することが肝心です。

PAGE TOP