わきがの治療方法は様々

外科手術だけではない

わきがに対する治療法というと、皮膚を切開するという方法が一般的でした。しかし、この方法は傷痕が気になってしまう場合や方法によっては思ったような結果を得ることが出来ない可能性もあります。そこで、近年では皮膚を切開する方法の他にもいくつかの治療法の中から希望に合った方法を選択することが出来るクリニックも多くなってきました。

方法によってメリット・デメリット、リスクは異なりますのであらかじめしっかりと把握するようにしましょう。

注射を使用した治療法

脇にボトックス注射を打つことにより、汗腺の働きを抑えることにより臭いを抑えるという方法があります。肌を傷つけることがない事や短時間で治療が終了する、価格が手頃などのメリットがある一方で、その効果は限定的であるというデメリットがあります。効果の持続期間については、個人差がありますが3ヶ月から半年程度というひとが多いようです。ただし、継続して治療を受けることにより、長期的な効果を得ることが出来る可能性もあります。

レーザーを使用した治療

外科手術と変わらない効果を期待することが出来るということで注目されているのが、レーザー治療です。これは、わきがの原因となる汗腺にレーザーを照射することにより、汗腺を破壊するという治療法です。レーザー治療のメリットは外科手術と比べて短時間で終了するということです。個人差はありますが、治療時間は長くても1時間程度とされています。レーザー治療には医師の高い技術が必要となりますので、病院選びが大切になります。

わきがの治療は外科手術や薬剤の投与によって汗腺の機能を停止させるのが主流です。悪臭を抑える効果が高い反面、体への負担が大きいので事前の検査や術後のケアが重要になります。

PAGE TOP